あまがみしました。

エンタメ(映画・ドラマ・バラエティ・特撮・アニメ など)や趣味・旅行その他いろいろな事を浅く綴る雑記ブログ。

SHODO-X 仮面ライダー9 仮面ライダーアマゾンのジャングラー

SHODO 仮面ライダーアマゾンのマシン「ジャングラー」を組み立てました。

部品はA-side、B-sideに分けられています。f:id:kuniowl:20200702204425j:plain

2箱のセット内容は以下の通りです。

f:id:kuniowl:20200702204643j:plain

f:id:kuniowl:20200702204703j:plain

説明書はパッケージの内側に書いてあります。
部品ごとに番号は振られていません。パッケージの写真と説明書を見ながら組み立てることになります。

 

組み立てました。

f:id:kuniowl:20200702225813j:plain
かっこいい!

 

f:id:kuniowl:20200702225850j:plain後部ウイングの大きさで迫力満点です!

 

f:id:kuniowl:20200702225846j:plainf:id:kuniowl:20200702225855j:plainこのサイズで このディテール。もちろん前輪、後輪とも回転します。
シールドはクリアパーツ。ブレーキ、クラッチ、ホイール、マフラーなども丁寧に再現されており、完成してからマジマジと眺めてしまいました。

スタンドもついており自立が可能です。
 

SHODOの アマゾンを乗せてみます。当然同サイズで様になっています。

f:id:kuniowl:20200702212813j:plainf:id:kuniowl:20200702223215j:plainf:id:kuniowl:20200702225938j:plainf:id:kuniowl:20200702225953j:plain

 

f:id:kuniowl:20200702230011j:plain付属する2個の台座と後部ウイングでウィリー。やっぱりやってみたくなります。

 

f:id:kuniowl:20200703070641j:plain

 疾走するジャングラー!! 


放映当時には、まさか将来こんなフィギュアが出るなんて想像もしていなかったです。

当時のおもちゃは当然子供向けで、ここまでリアルに作られていることはなかったですからね。
仮に発売されていたとしても、ターゲットの年齢のお子さんが持ってガシガシ遊ぶのは難しかったでしょう…。

ですがその分、大人の鑑賞に充分耐えられる出来になっています。
今回仮面ライダーアマゾンで初めてSHODOシリーズに触れましたが、確かにこれはコレクションしたくなるシリーズです。